支援を求む

各市の広報紙や地元の情報誌からの発信だけでなく、口コミも加わり、英語のクラス数が急速に増えています。しかし、安価な料金設定と少人数の定員設定のために、忙しくなるばかりで、それに見合う対価が伴っていないのが現状です。かと言って上記の各設定を安易に変えるわけにはいきません。いまcampfireというクラウドファンディングで支援を募っています。是非見ていただいて、このような団体もあるというだけでも知っていただければ幸いです。https://camp-fire.jp/projects/view/18694



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック